知れば差がつく!おさえておきたい命名のコツとテクニック

名前の文字の画数を見よう!

名前に使える漢字と仮名や記号を合わせると、約3100字にもなりますね。ここから生まれる名前の数は、ほとんど無限と言えるでしょう。開運(画数)からの命名では、使える漢字を制限してしまうため、名前候補をグッと絞ることができ、逆に名前を考えやすくなる場合がありますよ。また、画数から追っていくことで、思いがけない漢字を発見できるというメリットもありますね。ただ、画数にこだわりすぎて、無理のある名前にならないよう、くれぐれも注意しましょう。

おさえておきたい命名のポイント

子供の命名で、おさえておきたいポイントは、「親にも本人にも受け入れられる名前にする」ということですね。名前は、名づけられた本人が愛着を持って、ともに人生を歩んでいけるものにすることが大切ですよ。また、子供の名前を一番多く呼ぶのは親ですよね。呼ぶたびに赤ちゃんへの愛情が深まるような、自分たちが心から愛せる名前をつけましょう。また、長い人生をともにする名前は、社会的に受け入れやすいものにしましょう。言いやすく、聞き取りやすく、読みやすく、書き取りやすく、説明しやすい名前が一番ですよ。

命名は親子の絆を深める!

子供は成長するにつれ、自分の名前に興味を持つようになりますよね。そんなとき、どうしてこの名前をつけたのか、説明できるようにしておきたいものですね。例えば、「生まれてきた顔を見た途端に、『みゆ』が思い浮かんだのよ」とか、「パパの大好きな勝海舟から一字もらって『海翔』にしたんだよ」などなどですね。劇的だったり変わった経緯だったりしなくてもかまいませんから、親の言葉で、命名の由来やいきさつを話してあげましょう。きっと、パパやママがたくさん悩みながら、自分に愛情いっぱいの贈り物をしてくれたことを、感じ取ってくれるでしょう。

姓名判断とは、苗字と名前からその人の運気や性格を診断する占いのことをいいます。専門の鑑定士が行っています。